スカイツリーになりたいブログ

スカイツリーになりたい

ぶた

今日は土曜日なので幸い、予備校がない。前にも書いたように休みは土日しかない。世間はもうすぐ休みが終わるために残念な気持ちに襲われる頃だが、個人的には今からが休みだという気分である。

 

 

さて今日は、伊賀の里モクモク手づくりファームというところに行ってきた。場所は名前の通り、三重県の伊賀にある。
道筋を書いてしまうと大体住んでいるところがばれてしまうが、まあ大丈夫だろう。まず、長原ICから西名阪道へ。そのまま天理ICで名阪国道に乗り換えて壬生野ICでおりて園から下道で10分ほどだ。それほど遠い距離でもなく、ドライブにはちょうどいいぐらいの距離である。また、ゴールデンウイークの最中なので平常時よりだいぶ混んでいた。客の入りは大体普通のころに比べて2倍ぐらいか。客層は、結婚してまもない夫婦、5歳以下の家族連れなどで9割を占めていた。僕のような18歳ぐらいの子供を連れた家族連れはめったに見られなく、かなり懐疑な目で見られた。それも当然である。行ってみればわかるが、小学生低学年を超えるとここは何も面白いものがないのである。低学年以下であれば、豚を見たり、ハンモックで遊んだりして楽しむことができるが、それも低学年までである。
結婚して間もない夫婦のデートスポットには多少なりえるが、交際していて、まだ結婚していない関係のカップルのデートスポットにするには少し過激度というか、面白みに欠ける。個人的には、交際時点でデートというのは何か刺激があるようなものというイメージだ。例と挙げるなら、遊園地や、ショッピングモールなどなどだ。若い人たちをこういうところに連れて行っても本当に何も楽しみがない。僕の頭の中には若い二人がショッピングモールで「ねぇ、これ似合う?」「うん、とっても似合うよ」といった光景が広がっている。まあ、恋愛というものを体験したことがないまだ純粋な心であるから、気持ち悪いかもしれない。

 

 

さて、話題がそれたが、じゃあなぜもうすぐ19になろうしている僕がこんなところに両親と一緒に来たのか。それはおいしい豚肉を食べに来たのだ。個々の園内にはレストランがあって、その中のひとつである豚肉を使った焼き肉店がある。前々回いったときにはじめて食べたのだが、非常においしくて何か月に一回か食べに行くのだ。そして今回もその焼き肉店に行くために行ったのだが、いざ店に入ると並んでいた。当然である。すぐ名前を書いたが20組ほど待たなければならなかった。なので待ち時間は園内をうろちょろしてゴールデンウイークの特別企画などを観察していた。競馬もどきみたいな競技があって子供が多いのに教育上いかがなものかと思ったが、そんなことを思っている人は他にはいないので完全に僕がひねくれているだけなのであろう。そんなこんなで、ソフトクリームを買ってそのまま帰路についた。

 

ただ肉のためにこんなところに行くのはどうかしてると思う人もいるかもしれないが、片道410円+ガソリン代とあと1時間半運転する気力さえあれば行けるのだ。決して高いお金を払ってわざわざ行っているのではない。ほぼ同距離の高野山や、京都ならば、もっと高くつくだろう。まあなんといっても西名阪道が安すぎるのと、名阪国道が無料なのが一番大きい。ちなみにこの名阪国道というものは、大阪から東京に行くときに使うと多少高速代が浮くのでお勧めである。まあ僕が言わなくても知っているの人は多いだろう。だが、少し路面状況が悪く、名神高速道路や新名神高速道路に比べると速度が落ちる点と大阪の南の人にしかあまりメリットが感じられないというのがデメリットだろうか。

 

 

 

 

まあ大したことのない一日であったが、まあまあ楽しかった。田舎のいい空気と豊かな自然を久しぶりに感じることができて心身共にリラックスできたと思う。