スカイツリーになりたいブログ

スカイツリーになりたい

your name.

今日は僕が高校二年生でとてつもなくはまったアニメを紹介したいと思う。

 

____________その名前は。

 

君の名は。

 

このアニメは本当に大好きであった。今も好きであるが。ファンの方からすると全然自慢にならないのだが、僕個人では4回映画館でこの映画を見た。もっとも、2chでは300回以上見ているつわものもいるのだが。本当に尊敬している。


4回見た経緯を順を追って説明する。その話の前に僕がこの映画に出会った経緯も説明する必要がある。

それは2016年7月29日。

いつもの朝だった。そう。NHK新海誠監督の特集を見るまでは。

 


それは突然のことだった。たまたま見ていたNHK新海誠監督がうつっていて、そのバックにMacとFinal Cut Proがあったのだ。僕はアニメーション監督もこのアプリを使うのだと思い、写真に収めて友達に送ろうとした。するとその時、この監督の次回映画、「君の名は。」の予告編が流れたのだ。僕はその予告編を見ているうちにみるみる引き込まれていき、このアニメは見なければならないという謎の使命感にかられた。だが、その時のその謎な感情はすぐ夏休みのスタートとともにすぐに消えてしまった。だがしかし、8月25日ごろに友達に映画に誘われた。
そのまま話の流れで映画名を聞いたのだがそこで「君の名は。」と言われたのだ。そこからまた「君の名は。」をみなければならないという謎の使命感を思い出した。だが、そんなに期待はしていなかった。また、友達に少しネタバレもされていた。


1回目の鑑賞

9月1日。

何気なく僕は友達と映画館に行った。そして、どうせ大したアニメじゃないだろうと思いながら映画を見た。

 


そして映画を見終わったとき。僕は茫然としていた。というか映画の余韻にひたっていてまともな思考ができていなかった。そのあと友人たちと一蘭に向かったのだが、その時もずっと映画のことを考えていた。結局この余韻が抜けるまで2日間かかった。2日間ずっとこの映画の余韻に浸っていたのだ。普通の人からすれば、考えられないような話であるがその映画は僕の中にぴったりとはまったのだ。

 

ここからほぼ一年間、人生が変わったように感じられた。

 


僕はなんでこの映画にこれほどにもはまってしまったのか。それは僕でもわからないが可能性をいかに上げてみたいと思う。


これまでにないほどのハッピーエンド。

普通の楽しそうな高校生活。

三葉がかわいい。


ざっと考えられる理由は以上の通り挙げてみたがまだまだあると思われる。

 

次に2度目の鑑賞。


これは初めて見に行く人といった。

僕は一回目で理解できていないところがあったので、それを確認するためにも2回は見に行きたいと思っていた。

そして2回目はある程度シーンが分かっているので、途中で涙が出てきた時もあった。2回目でやっとすべて話がつながった感じがした。


そして、3度目の鑑賞。


君の名は。が大ヒットしているというニュースをテレビで見て、父親が見に行きたいということなので一緒に行った。僕は三回目でほぼ内容を完璧に覚えてしまった。だがそれでも楽しめた。映画をフルで散開も見た映画はないだろうとその時は思っていた。まさか4回目を見るとは到底思わなかった。

 

 

4度目の鑑賞。


これは2017年のことであった。年末に君の名は。IMAXにリメイクしたもの上映するということが発表されていた。時間があれば見に行きたいと思っていた。

友達を誘ったら快諾してくれて一緒に見に行ってくれることになった。

そしてIMAX上映。これはさすが12.1chの音質なのか、とにかく音質がすごかった。最初のオープニングの夢灯籠に関しては劇場が低音で揺れていた。映像に関してたしかに、チョークの粉など鮮明になっているところはあったが、IMAX上映だといわれなければ気づかないレベルでだったのはちょっと惜しい。もっとも制作の段階でここまで興行収入が入るとは到底思ってなく監督もIMAX上映をする気で絵をかいていないと思うのでここは指摘するところではない。

 


4回見た経緯は以上とする。

 


さて、肝心の映画の内容に関してなのだが、ここから少しネタバレが入るのでこれから映画を見ようとしている人は注意されたい。

 

「目が覚めるとなぜか泣いている。」「あの日、星が降った日。それはまるで、まるで夢の景色のように美しい眺めだった。」みたいな感じで始まる。この時は、どんな話が分からなく、その後夢灯籠が流れてオープニングとなる。初めて見たときは何だこの歌手は、何だこのオープニングは。コナンか?とさえ思っていた。だが、見ているうちにどんどん引き込まれていった。最初のあのテンポの良さや、先の読めないストーリー。また普通の高校二年生は学校帰りにカフェや、バイトなどに行ったりして本当に楽しそうに思えた。当時の自分ではできなかったことだらけで、それが新鮮に思えたのだろう。その後は、三葉に行こうとする瀧。すると三葉はもう死んでいるという。ここまでは友達にネタバレされていた。だが、三葉が死んでいるのならどんなストーリになるのか全く想像できなかった。まさかあんな展開になるなんて。


瀧が三葉に書いた言葉で頭の中が破裂しそうになった。

 

そして時は流れ、ここで瀧の声で「あれから5年。」というナレーションが入る。このナレーションで僕は全身鳥肌が立った。三葉と瀧はあんな別れ方をして5年間、三葉は8年間、会えないままなんて辛すぎると思ったのだ。完全に感情移入してしまっていた。そして、電車の中でばったり目を合わせたときはもう、アアアアアアという感じだった。会えるのか、会えないのか。かなりじらされていた。僕がここまではまるのだから結末はもうお分かりであろう。

 

普通の人が見れば一回、ないし二回見れば十分な映画であることは間違いない。だが、僕にとってこの映画はとても「合った」のだ。おそらくほかの人からすればここまでハマるとは思えないだろう。

 

当時を振り返ってみるとこの映画を見てから半年間は本当にすぐに過ぎ去ったと思う。まず、映画を見て数日間は余韻に浸ってまともに勉学に励むことができなかった。余韻が収まると次は、君の名は。が大ヒットしているとことをうけて興行収入が気になり始めた。そしてついには、2chの興行収入を見守るスレというサイトを見始めるようになった。朝起きたらニュースとそのサイトをチェック。学校から帰宅してそのサイトをチェック。このサイトは映画のチケットの販売数のプログラマー計算値が出る。つまり、一日で大体その映画がどれだけの人が見たのかわかるのである。そのサイトをチェックして、また2chの人も君の名は。の大ヒットに本当に驚いていてそれを観察するのも本当に楽しかった。それについて少し述べさせていただく。普通の映画は公開が金曜日、または土曜日でその週の土日が最も客が入る。だが、君の名は。は違ったのだ。一週目よりも2週目のほうが多く、3週目でも変わらず、4週目も変わらなかった。こんな映画は他には事例がないとのことだ。週末動員数ランキングも1位を連続。一度8位ぐらいまで転落したが、まさかの正月で1位に返り咲き。夏映画がまさかの冬映画になったのだ。このときは本当に驚いた。まさかこんな時期にもう一度君の名は。が一位に輝く時が来るとは。


それとは別に、映画は瀧と三葉のその後については一切触れていない。つまり観客の想像でどうにでもなる。そこで僕は二次小説というものを読むことにした。pixivという二次小説を集めているサイトを利用して、当時はものすごいスピードで投稿されていく君の名は。の小説を読んでいた。二次小説の中には本当に素晴らしいものが多くて読み飽きなかった。当時はそれを毎晩に読んで寝るという生活を繰り返していた。

毎日、興行収入のチェックと二次小説の読み漁り。

映画本編以外で楽しむことがこんなにもあった。もっとも興行収入のチェックを楽しみだと思っている人は僕だけかもしれないが。自分が本当に好きであったこの映画が世間でこんなに評価されているということがうれしくて仕方なかった。

 

また2016年10月23日から長野県小海町にある小海高原美術館で「君の名は。展」が実施されていた。初めて見たときはいきたいなとしか思っていなかった。長野県にあるので行くのは無理だと思ってその場であきらめていた。そして時は流れ12月上旬。もう一度展示会のことで調べてみると小海町から電車で45分の所に北陸新幹線の停車駅である佐久平駅に大阪からの夜行バスがあることが分かった。するとすぐ僕は友達を誘った。その友達はお前が田舎に行くとか珍しいなと笑ってきたが、この話に乗ってくれた。夜行バスは正直狭く居心地は良くなかったが安いので許容範囲だろう。

 

 

 

そして出発の日。記憶では期末テスト最終日の夜10時が出発だったはずだ。そして次の朝の6時に佐久平駅に到着する。幸い駅の近くに飲食店があり、そこで朝食をとることができた。そこから電車に揺られ、小海駅で下車。そのから美術館まではバスが出ている。ほかにも5,6人僕と同じようなファンがいた。展示会は1時間ほどで見終わり、隣の温泉につかることにした。長野はとても寒く、冷え切った体には温泉はたまらなかった。そしてその中にあるレストランで昼食をとり、休憩をとった。その後、松原湖駅まで20分ほど歩いた。正直、この町を離れるときは涙が出そうだった。なぜだかわからない。君の名は。の世界観とマッチして感情移入したのか。特に思い入れがあるわけでもなかったが本当に去るときは泣きそうであった。大学の合格してからもう一度この町に遊びに行きたいと思う。


といっぱい書かせてもらった。この映画は本当に僕にとって最高傑作と言っていい。


監督は最初は20億円売れればそれでいいと言っていたが、まさかの250億円である。ハードルを上げているかもしれないが次の作品にも大いに期待している。

 


______________________your name.